CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
ACE BLOG携帯サイト
qrcode
Logic Pro X
こんにちは、工藤ともりです。

今日はいつも僕が使っている音楽の制作ツールLogicの話になります。  
僕はだいたい作曲・編曲はLogic、ミックスはProToolsでやっているのですが、
昨年LogicはLogicProXとなり大きくメジャーアップデートしましたので
僕はLogicを約15年くらい使っていますが、改めてちょっと機能を おさらいしてみました。
今回のアップデートで良くなったなと思った事を書きたいと思います。
(もしかしたら前からあった機能で僕が気づいてなかっただけかもしれないものも
あるかもしれません。。。)  

まずは目新しいものは  
○Drummer
これは遊び感覚でドラムパターンが作っていけるので、
デモをさくっと作る時や ドラムについて詳しくない人には特にいい機能だと思います。
BFD3にはドラムマッピングにDrummerを指定出来るので
作ったものを直にBFDで鳴らすなんて事も出来ます。
 
○Smart Control
これはプラグインエフェクト・音源のパラメーターを操作出来るのですが、
MIDIコントローラーを持っていれば「外部アサインメント」→「登録」で
簡単にMIDIコントローラーから操作出来ます。
これは便利ですね。  

○Track Stack
プロジェクト内を整理しやすくなったのはいいなと思います。
やっぱりごちゃごちゃしていると曲を作りづらくなりますから。
特に集約スタックは複数トラックを一つのバスに送りたい時
便利になったと思います。(ショートカットで行けますし)  

○Flex Pitch
僕はVOなどの音程の補正をする場合MelodyneとAutoTuneを
使い分けていますが、Logicでも出来るようになりました。
ただ音程の補正はそのアプリの音質にもかなり影響されるので
どのアプリを使うかは慎重に選びたいといつも思っています。  

○アレンジメントマーカー これは〜小節から〜小節まで「Aメロ」
〜小節から〜小節まで「さび」などと
マーカーをつけておいて、曲の構成をすぐ変更したい時や構成を増やしたい時、
特にトラック数が多い曲だとちょっと面倒くさかったりしますが、
これはマーカーを入れ替えるだけで曲の構成を変えたり増減したり出来ます。  

○グルーブトラック
これはまだ使っていませんが、あるトラックのグルーブをマスターグルーブにすると
他もそのグルーブにしてくれるという(その代わりクオンタイズは効きませんが)
良さそうなら今後使って行きたいと思います。  

○アルページエーター
アルペジエーターは使いやすくなりました。
僕は今までアルペジエーターを使ってこなかったのですが、
今後使っていこうかなと思っています。
鍵盤を弾きながらアルペジオのマークをトラックにドラッグ&ドロップで
MIDIが作れちゃうのがいいですね。  

○バウンスが便利になった
なにかMIDIで打ち込んでそれをオーディオにする時に
「リージョンを所定の場所に」で
すぐ隣に新規でトラックが出来てオーディオ化して並べてくれる、
これは良く使っています。  

○自動保存
自動保存って前からあったっけ?と既に前のバージョンの事が思い出せない(苦笑)ですが、
いざと言う時便利ですね。  

○複数トラックをいっぺんに移動出来るようになった。
地味な機能ですが何故今まで出来なかったのか!
いい気分で作っているとついトラックの順番を考えずがんがんトラックを増やして
じゃあちょっと整理しようと思ってリズムやウワものなど奇麗に
順番をまとめようと思うときに凄く面倒だったのが、楽になりました。

ざっと思いついたことを書いてみました。  
総合的にみてもLogicProXはとても良くなったと思いますし、
値段も他のDAWと比べてもこの機能で圧倒的に安いです!
ただ音質でいうと、音質は前より良くなったと思いますが
僕にとってはミックスにはProToolsのほうが 見えやすいかなと思います(これは好みだと思います)。  

Logicで最初一つ一つ音を作って一つ一つ音を決めながら(それこそミックスしながら)
作り上げていき、ミックスするのにProToolsに移動すると
なんか初心で作っていたいい所、いいバランスがうまく再現出来ないのは未だに
試行錯誤中でもあります。

64bitになったProTools11で1から制作するスタイルも考えましたが、
どうしてもソフト音源の扱いやMIDI機能の部分でまだうまく出来ません。
Logicほど慣れていないせいか制作スピードも半減してしまいます。  
プロデューサーによってはLogicのマスターを通さず、
パラで卓に出してミックスしている人もいますがそれも今後試してみたいなあと思いますし、
いろいろなDAWを駆使しながら(LIVEとかもいいし)完成させるのも
いいのでしょうけども、僕はやっぱり一つで完結したい派。
それゆえに今のLogic + ProToolsの今の環境はまだ改善して行きたいなあとも思っています。  

Logicのあの多機能なMIDI機能とバグる時もあるけど無茶使いしてもがんばってくれる力に
ProToolsのオーディオ機能と音質が合わさったDAWがあったら飛びついちゃう だろうなあ(笑)  

あとLogicProXを新しくインストールしてからの注意点は
追加コンテンツのダウンロードをちゃんとやるのと
環境設定の詳細ツールで、詳細ツールを表示させて追加オプションにチェックを
入れるといいと思います。標準モードだと機能が全部使えませんので。
これは初心者の方とか知らないで使っている人いると思います。  

久しぶりに機材の事を書いてみました〜Have a good day!!
| 音楽機材/音楽ソフト | 14:13 | - | - | pookmark |
テープMTR ”ノビヨール(NOBIYOR)"(CHiCO)
演劇から完全に音楽にシフトすると決めた時(昔笑)
まず機材を買った。
それが、テープMTRでした。

本当にたまたま、ACEのトモリ(当時はマユツバというバンド)
と開けてみたら、おんなじ機種を持っていました。
で、パッチシールドで二台ドッキングして
8トラの録音を可能にしたときは、大感動。笑
色々ダビングできるやん、って。笑

タスカム464だった、これは名機でした!

ともりが作ったものや、市販のCDのオケを
外部から赤白コードで2トラックに入れると、
歌で使えるのは、2トラックのみ。
これを上手にピンポンして、多重録音した。
すると、どんどん音質が落ちて行って、
ザザ〜〜〜という音がするので、
いつもMTRの音を聞くと雨降ってるなあとか思った。笑

私は、昔も今も多重録音が大好き。
変則コーラスも大好き。
要は、コーラス録音が大好きなのです。
自分の音源もコーラス録音の時はめちゃ早いし一番楽しい。
ノリでどんどん重ねて行く。
アイディアが消えない様にどんどんその場で思いつくまま
入れて行きます。
また誰かが止めないと何時迄も色んなコーラス入れて遊んじゃうから
収集つかない事と、
コードにアウトするけどこの当たり方大好きという
エキセントリックなコーラスを時と場合によって
もっと使いわけようかと思ってる最中、
コーラスもスコアで作成すべきとともりに指摘されました。
はい!汗

さて、1月に植松伸夫さんが家にいらした時に、
お土産をくださった。テープMTRだ!
可愛いシルバーのスポーツカーに
乗って颯爽と現れた植松さんは、
こんな大きなMTRを手に持って現れはった。笑
なんでも割とあたらしいしよさげな機種!
もう使わないからと言う事で頂きました!

今は、ハードディスクレコーディングで簡単に出来ちゃうので
今更MTRと思う感じで、結構面倒な点もあると思うのですが
なんていうか、テープMTRの音が好きだったり、
この不便故に出来る面白いことができるのではないかと
また買い直そうかと思っていたので、嬉しい。

今はプロツーも併用でロジックのハードディスクレコーディング
がメインですが、
実は、5〜6年前にもポータブルなテープMTRを
ヴォーカルの生徒のレッスン用に新品で買って使用していたこともあった。
これもすっごく可愛かった。
だって、機能が『ボタンを押すのみ→録音できる』
って簡単すぎで、大好きでした!!
音がいいのよ、キキキキッて巻き戻す音、
カッシャンっていうボタンの音。可愛い。
手動で数のメーターいじるので、
覚えてないと、どこか分からなくなるっていう。笑
これは確か3年くらい前に誰かにあげちゃって今はないけど。

そして、またやって来たテープMTR。
今度なにかこれだけで作った音源をまた作ってみたい。
しかし、何が大変って、テープの入手が恐ろしい。
最近100均しか売ってないよ〜〜
それもいつなくなるかっ、、恐!

昔は、如何に良い音のテープかということで、
メタル使用とかさ、maxellとかさテープ会社にもこだわったけどさ、
テープのライナーノーツ書くのもこだわったりね。

テープが無くなる前に面白録音しちゃわなくちゃ。
”ノビヨール(NOBIYOR)"と命名。









| 音楽機材/音楽ソフト | 20:16 | - | - | pookmark |
機材の不思議(CHiCO)

機械にも会話や命があるのかな、
Macが壊れたりして、新しいのを買わなくちゃ行けなくなって
泣く泣く買ってくると、うんともすんともしなかった古い方が
ウイイイ====ンと立ち上がることがある。
Macだけでなく、別の電気製品でも結構ある。くないですか?

新しいプリアンプが本日か明日には来る。
しかし、ついここ3日前に
スタジオの機材がオカシクなった。
大好きでお世話になった今迄のプリアンプのことそっちのけで
話題は、新しいプリアンプのことばかりだったので、
そのせいで、今迄のプリアンプが怒った!と思ったのですが、
今回はそうではなく、インターフェースの不調だったのですが、。
しかし何にせよ、すっごく困る。泣 
まだ未だ格闘中です。

色んな音楽をデスクトップで打ち込む(DTM)機械の世界に
いる私達ですが、機械トラブルはやはりそれ也にあるので困る。

DTM音楽人のための保証制度ってないものかな。
たとえば、緊急の時なにかどうしても仕事の納品の
時に壊れたとき、それがそうしても緊急である
というクライアントの証明書等があれば
代替え品が借りれる保険制度とか、よくないですか?

もういつ迄たっても、壊れるか、新製品が出るで
四苦八苦なのです。
音楽屋さん、特にDTMで作曲する仕事は、
使用ツールの最も回転早い業種の一つじゃないかなって思う。

例えばさ、何曲以上作った人は、保証制度1とかさ、2とかさ、
ちょっと機材の買い替えや故障に有利とか、
なんとかならないかな〜〜〜
そしたら、頑張れるしね。

まあ、購入時にはソフマップ保険とかあるけどね、
もっとなにか、良い制度。
そして、世のアートが増えゆとりが増え、
そして、音楽家やアーティストがもっと良い作品を生み、
それは、すばらしい!!
あ、でもアートよりまず生活第一だよね。

なにはともあれ、うちのプロツー!頑張れ!!!
ぺちゃんこにしちゃうよ〜〜






| 音楽機材/音楽ソフト | 16:15 | - | - | pookmark |
愛用品小物(CHiCO)
ワタシの愛用品。
もう随分昔から使用してますが、
壊れても同じものがほしい!
という私にとっては大好きなお友達。
ALESISの VOCAL PLAYMATE

ピッチ、テンポなど上下8まで変化でき、
簡易ですがヴォイスキャンセル機能があり
(センターカット機能)
CDのヴォーカルを消してカラオケのように出来ます。

またマイクをキャノン(ホンでも使用可能)で接続できて、
簡易ですがリバーブ(エコーみたいな物)もかけられるの、
お家にしてカラオケの状態です。
練習がたのしい優れもの。でももう廃盤なのですって。
残念。またいいのが続々でてるかもですが。



| 音楽機材/音楽ソフト | 14:58 | - | - | pookmark |
iLOK(TOMORI)
 iLOKとはUSBタイプのいわゆるドングルというもので、
要するにパソコンでソフトを使うときにシリアルナンバーだったり、
パスワードだったり入れて使う代わりに、
「このソフト使ってもいいですよー」の情報を入れておくことによって、
USBに差すだけでお目当てのソフトを使える、、というものですが、
(音楽クリエイターでしたらおなじみのものですが)
いくつか所有しているうちの一つがもう数週間前から無いのです!!
いろいろスタジオへ持ち歩いていたりしたもんですから
まるっきりどこで無くしたか分からないのです...


あまりに無いものですから、
ついにサポートに問い合わせてみて驚愕の事実が。
今更知ったことですが、無くしてしまうとWAVESの
プラグイン以外はほぼ再発行なしということで
(WAVESはちょっと異なった認証方式をとっているからでしょうか)
、、、、今なんとか泣きながら問い合わせをしている
最中ですが、これは痛い!
ただ今回幸い一番被害が少ないものでまだ良かったのですが、
例えばうん十万、うん百万のソフトを管理しているiLOKがなくなったら
一大事になってしまいます。

ということでせめてWAVESだけはまずWAVESの保険プログラムに
入っていたほうがよさそうなのと、それ以外は普通の
盗難/紛失保険に入った方がいいとアドバイスを受けた訳ですが。。。

iLOKは小さいので本当持ち運びには要注意ですねー。。。。。

(因に無くした場合、緊急で14日間の仮のライセンスを
発行してもらえるらしいです。
それ以降は使えなくなるそうですが。)



| 音楽機材/音楽ソフト | 15:03 | - | - | pookmark |
Logic9(TOMORI)
 ProToolsで制作すべてやろうといろいろ試行錯誤を繰り返していましたが、
やっぱりLogicのほうが自分にとってやりやすい部分があったので、
Logic9にアップグレードしてみました。
お互いのいい所を使い分けるという感じに落ち着いた事になります
Logic9、まだそんなに使っていませんが、まずバウンス関係が
とってもやりやすくなりました。
前はトラックをオーディオファイルで保存するとき
ヴォリュームオートメーションまで反映されなかった(と思うのですが...)
ですが、今回から反映させるかどうか選べます。
これは急いでいるときは地味ですがかなり便利な感じです。
その他処理速度も少し上がった気がします。
もちろん今回の目玉FLEX TIME機能やギター関係のエフェクトも
これから試していこうかなと思っています。




| 音楽機材/音楽ソフト | 14:50 | - | - | pookmark |
一人ロケ(CHiCO)
    
今ロケにいってきました。
音の一人ロケです!

あるCDのためのある音を録音しに、
路駐しているあるものを一個一個検証し、音をとってきました。
ははは〜〜なんでしょう!!
また近日中に答えが分かりますよ〜

寒い上、ひとりマイクを掲げて
録音し続ける姿は、寒いです。笑
いや、しかし、そこは、音のため耐えねば。笑

変な人に間違えられないよう、
一番普通に普通のいい人風の格好で
ロケをしています。
黒ずくめだったり、目立ったりしてはイケマセン。
地味に普通にさわやかに。何気に何気に。
ナチュラルハイになってきました。

が、こういった一個一個の音が構成されて
いろんな音楽ができるのよね、
うん、ミュージックうう♪〜〜るるるる〜

あ、失敗!
1人ロケ中鼻歌を歌いだしてしまいました。
また街の音がまだする時間なので、
再度皆が寝静まった後に、潜入しようと思います。
音楽屋さんもコツコツこんなこともします。

ってことで、後でまたgoします。

さて、お役立ちマイクはBELKINのアイポット用マイク
いつでもどこでもすっとつけて録音可能。
軽いし、音もよくコストパフォーマンス最高です!
リハや良い音が存在していた時、すっと録ります。



| 音楽機材/音楽ソフト | 21:37 | - | - | pookmark |
ギターレコーディング(TOMORI)


今日はせせっと自分でギターを録音してます
僕の愛用ギターは
スチールが
Martin 000-18 Golden Era
ガットはロンドンに住んでいた時に笠井さんという
今ドラムを演奏しておりますが、その方から頂いた!
Made in Spainと書いてありますがどこのものなのでしょう。
しかしこれがまた僕的にはいい音がするので
かなり重宝しています。(笠井さんありがとうございます!!)

だがしかしだがしかし、いくらギターが良くても
レコーディングはやっぱり難しいです。

今日は特にスチールの方がいい音で良く録れません。。。
いろいろマイクのポジションを変えたりしているのですが
思った通りの音にならないぞい。

こりゃ迷宮に入りそうだ。。。
| 音楽機材/音楽ソフト | 15:02 | - | - | pookmark |
ヘッドフォン(CHiCO)
ヘッドフォンは、
ゼンハイザーのCE(25-1鵺)というのを使っています。
とうとうSONYのものがぶっ壊れ、
新しいのを買ったのです。

ずっと探し求め、やっと出会えました!!
ワタシの探していた愛すべきヘッドホンです。
なにが、すごいか、というのは、頭にフィットするんです。
今までのものは、どれも、なんか大きくて、
どんなヘッドホンも タオルを頭に載せたり、帽子をかぶったりして
スタジオでも淋しい思いをしていました、なにかずれる。
大きく頭をふっちゃうと、もうだめです。
ヘッドホンが飛んでゆくこともありました。
いつも気持ち悪い気持ちでうたっていました。が、
出会えました、最愛の相方に!!

軽い、音がよい、頭に合う。
頭の小さめの人、子供でも最適で〜す!!





| 音楽機材/音楽ソフト | 02:14 | - | - | pookmark |
私の愛用品 私のミニデジタル遍歴(CHiCO)
本当に随分昔の事、東京に来たての頃、
イシバシ楽器店でアルバイトをした事がありました。笑
楽器に囲まれて、色々勉強もできてスタッフの方も皆様よくて
楽しかった〜〜〜!!

いまでは、家の録音ツールも、プロツールズとロジックになったものの、
むか〜〜しは、まだテープ4トラックの464というカセットMTRでした。
(MTR:声や楽器を録音する機械)
ともりも464を持っていて、
ドッキングしたら、8トラックになった〜〜〜といって喜んでいた時代です。

ちなみに、まだ携帯電話とかもなかった時代です。笑
そして、バンドの友人が、8トラのA-DATを買い、
その音のグレードアップ感にびっくりしました。

バンドであるCM音楽をやった時に、その展示会に行った時、
はじめて「ピッチPHS」をただで配ってて、(まだピッチの走りで)、
一足早くピッチを持ち出し、
おお!といっているうちに携帯電話が流行りだした
のですが、そんな時代少し前のアルバイトは、
はじめ、楽器店のギターコーナーでした。

チューニングをしてあげて、試奏の手伝いをするわけですが、
その後、ベースコーナーの担当になり、
そして、次にデジタルコーナーにきました。
もうデジタルコーナー担当が楽しくて、
当時石橋楽器店の赤井さんという方が担当の上司で
(今恐らくとってもお偉い方じゃないかな)
すっごくすばらしく、色々教えて下さり、
またマイクフェチの深見さんという方がいて、
その方にも、デジタル機器や、マイクのいろはを教わった。笑

ということで、働いているが、消費者としての
立場の方がおおかったか?というくらい
色々な機材を購入した。

店で働いている時に、色々調べて、
またお客さんとの色々話したりして、情報も交換し、
お得意さんに、そういえば「ゴダイゴ」のTさんとかいはったな〜笑
その中でいいものを、楽器店で、自分が購入。笑

その中で、いまは、誰かに譲った
ベスタックス6トラックデジタルMTRが最高に好きでした。

滅多に見ない型で、周りにほとんどもってなかったのですが、
音が澄み切っていて、
はじめてテープMTRから変更して録音した時はぶっとんだ。
声が伸びる〜〜伸びる〜〜!!笑
しかも、雨降ってない!!、、みたいな。

(テープで録音すると、再生時に、ざざざ〜〜って雨みたいな
 音がするんですよね。で、ピンポンっていう技法で、
 どんどん音を重ねていくとざざざ〜が大雨のような音に。笑)

そして、数々の機材が家に来ては去り、今に至ります。

テープMTRなんて、懐かしくて一度買い戻した事もあるものもありますが
機材ってほんとうに買っても買っても進化して、嬉しいような
悲しいような、、、。
いつまでたっても、ゲームとかサウンドトラックの仕事をしている限り、
買い続けなくちゃいけないのか、、とため息。

さて、今ずっと気にいって使っているマイクは、
ライブ用ハンドマイクは、
シュアの87っていうコンデンサーのハンドマイクがこの所私の定番。

あと、オーディオテクニカのコンデンサーのマイクは、
最初に買ったコンデンサーでしたが、これ、歌うと
なんでも自分の歌より上手く聞こえるから笑う。
でも、これを使わない様にしています。最近は。笑
他のマイクに移ったとたん、自分の実力を目の当たりにして
がっが〜んってなるからです。笑
上手く歌をとりたい、ハイ成分系のボーカルの方にはおすすめです。笑
これはもっぱら、最近うちのマイク倉庫に眠っています。

レコーディングには、87iっていうレコーディングマイク。
なぜだか、87って数字ばかりです。たまたま。
大概プロスタジオには必ずあるスタンダードな87iですが、
このマイクは、プレーンだし、特徴は少ないかもしれないのですが、
何でも使っていますし、これが無くなったら、ちょっと泣いちゃう
私の大切な宝物です。

しっかし、メンテナンス全然出してないから、
最近ちょっとドキドキしています。

そろそろ、もっと別のマイクもほしいなって思っていますが、、。
しかしマイクッてあんなに小さいのに、すっごい高いので、やはり買う気には
なかなかなれません。
車とか、家とか、まあ、桁も違うけど、おおきいから、
お金も高いの、わかるけど、
小さいのに、高いものは、すっごく、納得出来ません。

この価値観へんかな??

でも宝石の指輪を買うなら、マイク一本ほしいです。
バーキンを買うなら、マイク買うな〜笑






| 音楽機材/音楽ソフト | 15:44 | - | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>